リテンション分析チャートによるリテンション計算方法

  • 更新

この記事のテーマ:

  • リテンションタイプの違いの理解
  • Amplitudeが様々なコホートについてリテンションを計算する方法を理解する

Amplitudeのリテンション計算方法は簡単です。ただし、それらに精通し、それぞれの違いを理解する必要があります。これはリテンション分析チャートのニュアンスを理解するのに役立ちます。

リターン時点またはそれ以降

リターン以降リテンションは、セグメントにおける特定コホートのエントリー日をみているのか、全体をみているのかによって計算方法が若干異なります。全体的なリテンション(例:全ユーザー)は、ビジュアライゼーションに表示されたものと、その下の内訳表の最初の行になります。

overall_retention.png

リターン以降リテンションは、X日以降に戻ってきたユーザーを計測するため、分子にはイベントをトリガーする前のすべてのデータポイントのユーザーを含みます。例えば、2日目にイベントをトリガーしたユーザーは、1日目とゼロ日目のデータポイントにも含まれます。

特定のコホート参加日

特定のコホート参加日の計算は以下の通りです:

{コホート参加日のX日後、
またはX日後以降の

任意の日にリターンイベントをトリガーしたユーザー数}を

{特定のコホート参加日に開始イベントをトリガーしたユーザー数[X日間にわたって一定]}で
割った
もの

下の表では、4月1日の3日目リテンションは、6,633人のユーザーが4月4日以降にリターンイベントをトリガーしたことを示しています。一方、9,644人のユーザーが4月1日に開始イベントをトリガーしました。6,633を9,644で割ると、4月1日の3日目リテンションは68.8パーセントとなります。

7day_retention_Day3_up.jpeg

特定のコホート参加日のリテンション率は、時間の経過とともに常に低下します。なぜなら、分母は一定のままですが、長期になるに従いリテンションされる人数は減っていくため、分子は徐々に減少していくからです:7日以上のリテンション人数は3日以上のリテンション人数より少なくなります。

全体的なリテンション

全体リテンション(全ユーザーとも呼ばれます)の計算方法は以下:

{コホート参加日からX日目またはそれ以降にリターンイベントをトリガーしたユーザー数}を{リテンションインターバルに達したコホート参加日に開始イベントをトリガーしたユーザー数}

割ったもの

下の表では、全ユーザーの3日目リテンションは55,752人のユーザーが3日目以降にリターンイベントをトリガーし、137,586人のユーザーが3月30日から4月6日の間に開始イベントをトリガーしたことを示しています。55,752を137,586で割ると、3日目リテンションは63.8パーセントとなります。

7day_retention_allUsers.jpeg

表では、全ユーザー行はその下の日付行の日ごとの合計を含みます。不完全なデータは全ユーザーの合計から除外されます(不完全なセルには米印が付きます)

分析の期間が過ぎると時間の経過とともにリテンションが低下するため、グラフは下降線を描きます。これは分子に見られるように、より長い期間リテンションできる人数が少ないためです(3日間より7日間リテンションする方が難しくなります)。

この状況では、どの日のマイクロスコープの分母の値も全体のリテンション数全ユーザー数と一致します

ただし、分析がまだ進行中の場合、例えば、4月30日時点に4月1日が最初の参加日で最新の参加日が4月30日となる過去30日間のリテンションを分析している場合、グラフは上昇曲線を描き、時間の経過とともに増加しているように見える場合があります。これは、リテンションインターバルに到達していないユーザーが分母から除外されているためです。例えば、3日目の分母は、まだ3日経過していない各コホート参加日のユーザーを除外します:このシナリオでは、4月28日、29日、30日が該当します。

これは十分なデータが収集されていないことを意味し、リターンイベントをトリガーするためにユーザーにさらに時間を与える必要があります。リテンションの傾向を正確に把握するには、分析の期間が完全に過ぎるまで待ちましょう。

したがって、1日のマイクロスコープの分母の値は、その日のリテンションインターバルが済んだユーザーの合計になります。この値は内訳表には記載されません。

リターン時点

リターン時点リテンションの計算方法:

{コホート参加日からちょうどX日後にリターンイベントをトリガーしたユーザー数}を{特定のコホート参加日に開始イベントをトリガーしたユーザー数[X日間にわたって一定]}

割ったもの

下の表では、4月1日の3日目リテンションは、6,594人のユーザーが4月4日にリターンイベントをトリガーし、9,644人のユーザーが4月1日に開始イベントをトリガーしたことを示しています。6,594を9,644で割ると、4月1日の3日目リテンションは68.4パーセントとなります。

returnOn_Day3.png

全ユーザーの3日目リテンションは、48,219人のユーザーが3日目にリターンイベントをトリガーし、125,665人のユーザーが3月30日から4月6日までの間に開始イベントをトリガーしたため、3日目リテンションは72パーセントでした。

ユーザーは、複数の日にリターンイベントをトリガーすることができ、それらはそれぞれの日にカウントされます。これにより、特定のコホート参加日や全体の行で、時間の経過とともにリテンション率が上昇する可能性があります。分母は一定ですが、それぞれのX日にリターンイベントをトリガーするユーザー数には関連性はありません。どの日にも、前日よりも多くのユーザーがイベントをトリガーする可能性があります。

リターン以降リテンションと同様に、分析の期間が過ぎると、マイクロスコープの分母の値は、どの日においてもリテンション全体の総ユーザー数と一致します。分析がまだ進行中の場合、1日のマイクロスコープの分母の値は、その日にリテンションインターバルを済ませたユーザーの合計となります。この値は内訳表には記載されません。

注:棒グラフ形式では、X軸にはデフォルトで最も一般的な時間の単位(日、週、月)が含まれます。リターン時点(カスタム)を使用することでこれらをカスタマイズできます。

さらに、全体の行はその下のコホート参加日の行の合計をあらわしています。リターン以降リテンションと同様、データが不完全な場合(*印のセル)は、全体の行の合計からは除外されます。(例えば、3日目の各行の合計の行は3日目の合計値には加算されません。)