内訳表でチャートデータを確認する

  • 更新

この記事のテーマ:

  • チャートに付随する内訳表を理解する
  • 分析を進めるために、内訳表を変更してエクスポートする

チャートでデータを視覚化するだけでは十分ではない分析もあります。Amplitude Analyticsのチャートを構成するデータを確認、操作、エクスポートするには、チャートの下にある内訳表を使用します。

breakdownTable_location.png

:[データ表]、[ペルソナ]、[パスファインダーユーザー]、[コンパス]、[実験結果]チャートには、内訳表がありません。

表のフィールドを並べ替える

内訳表の列またはフィールドは、以下のような複数の要因によって変わりります。

  • 分析に使用しているチャートのタイプ、
  • イベントの種類と数、
  • 測定の種類、
  • セグメントまたはグループ化プロパティを使用しているかどうか。

内訳表の列の一部は固定されます。固定列は、左端に青でハイライトされ、分析に応じて自動的に追加、または部分的に追加されます。たとえば、イベントやセグメント、セグメントのグループ化を追加すると、新しい固定列が作成されますが、イベントにグループ化を追加するだけだと、イベントの固定列のみに追加されます。列間の区切り線を右または左にドラッグし、固定列の幅を変更できます。

内訳表の列名をクリックし、列を降順または昇順に並べ替えできます。

breakdownTable.gif

注:固定列の値は、文字列として並べ替えられます。

サマリー列を変更する

[セグメンテーション]チャートや[ユーザーセッション]チャートなど、一部のチャートにはサマリー列があります。ドロップダウンメニューで行集計を選択し、サマリー列を変更できます。平均値、中央値、変更(最初の行から最後の行を引いた値)、または合計(イベントの合計、プロパティ、数式でのみ利用可能)から選択できます。

row_Aggregates.png

表示する系列の数を設定する

各内訳表は、自動的にチャートに反映され、その逆も自動で行われます。行名でチェックボックスをクリックするなど、内訳表を変更すると、check.jpegクリックされていない系列が削除され、チャートが変更されます。チェックボックスcheck.jpegselect.jpegまたは check.jpeg左端フィールド名付近をクリックすると、すべての行を選択する、または選択を解除し、すべてのデータを追加する、または削除して、チャートを変更します。

:内訳表の何を選択するか、選択しないかにかかわらず、エクスポートされたCSVには、すべての行と値が含まれます。

select_unselect_values.png

以下の方法で内訳を変更する

内訳表に表示する系列数または行数の選択。[内訳]をクリックし、ドロップダウンからデフォルトを選択するか、1~30の数値を入力します。保存されていれば、[内訳]の選択は、並べ替えや更新後も、チャートを含むダッシュボードでも維持されます。Amplitudeが新しいデータを受信すると、トップ値またはイベントが自動的に更新されます。

breakdownBy.png

[内訳]の選択をオフにするには、維持する値とイベントのみをチェックします。check.jpeg[内訳]表に、特定の番号のみが選択されていることが表示されます。オンに戻すには、トップに[リセット]...ハイパーリンクをクリックします。

reset_to_top.png

CSVにエクスポートする

内訳表を以下のファイルとしてexport_to_CSV.pngエクスポートするためにクリックします。.CSVファイル使用するチャートとグループ化の種類によってCSVダウンロードには制限があります。

値の検索

検索バーを使用して、内訳表の値を検索します。検索は、値を入力すると自動的に開始され、値が変更または削除されると更新されます。検索結果は、チャートやエクスポートできるデータには影響しません。

searchField.png