ジャーニー:プロダクト内でユーザーがたどるパスと、コンバージョンする理由を理解する

  • 更新

Amplitudeのジャーニーチャートには、従来のジャーニーパスファインダーパスファインダーユーザーチャートが組み込まれています。これにより、ユーザーが「プロダクトの主要なトランジション間でどのようにコンバージョン(またはコンバージョン失敗)するか」についての完全な360度分析を生成します。ユーザーのプロダクトジャーニーを、2つの方法:「特定のパスをたどったユニークユーザー数ごと」または「パスを選択した合計回数ごと」に確認することができます。

注:このチャートは、現在ベータ版であり、まだ開発中です。ジャーニーでは、ダッシュボード、ノートブック、公開リンク、エクスポート、Slackの展開、検索での表示など、Amplitudeの一部の機能が利用できない場合があります。これらは、今後数週間で追加される予定です。従来のジャーニー、パスファインダー、ユーザーチャート、および対応するドキュメントは、このチャートが一般公開されるまでアクセスできます。

ジャーニーチャートでは、次のことができます。

  • 顧客がたどるパスをハイレベルで調査するには、まず、パスファインダーから、開始イベント、終了イベント、または2つのイベント間に基づいて、特定のブランチ上でドリルインします。これは、何を見たいのか必ずしも分かっていない場合に役立つ出発点です。
  • ジャーニーマップで深く掘り下げて、すべてのカスタマーパスを相互に比較し、詳細を理解し、頻度、類似度、または完了までの平均時間ごとにパスを分析し、最も詳細なレベルでパスが分岐する場所を簡単に確認し、変換されたパスとドロップオフされたパスを比較します。
  • トップユーザーパスを使用して、プロセスのどこにドロップオフが発生するかに関係なく、単一のビューの各ステップでの相対的なドロップオフを理解します。

ジャーニーの一般的なユースケースは、ジャーニーマップやパスファインダー分析に示すように、理想的なカスタマージャーニー(ファネルチャートで生成できる)と、ユーザーが実際にたどっているカスタマージャーニーとの間のギャップを埋めることです。

ビジュアライゼーション(パスファインダージャーニーマップトップユーザーパス)の詳細については、Amplitudeヘルプセンターの記事「ジャーニービジュアライゼーションの理解と使用」を参照してください。

ジャーニーチャートを作成する

ジャーニーチャートでは、次のパスを分析できます。

  • 特定のイベントを含める
  • プロパティで特定のイベントごとに除外する
  • プロパティごとにイベントを展開する
  • 特定のコンバージョンウィンドウ内でパスを測定する
  • 単一のセグメントごとに分析する

ノイズの多いイベントを非表示にし、特定のイベントのみを表示し、繰り返しイベントを折りたたみ、カスタムイベントを表示することもできます。あるビジュアライゼーションを表示中に変更する設定は、いずれも、他のビジュアライゼーションに引き継がれます。

最後に、ジャーニービジュアライゼーションでは、イベントの削除、プロパティごとのイベント展開、イベントとプロパティペアを含むシーケンスのフィルター、イベントからのコホート作成ができます。イベントをクリックして、表示されるメニューから必要なオプションを選択します。

新しいジャーニーチャートを作成するには、次のステップに従ってください。

  1. [新規作成]>[分析]>[ジャーニー]をクリックします
  2. [パス]モジュールで、ドロップダウンを使用して、特定のイベントで開始するパス、特定のイベントで終了するパス、または2つの特定のイベントのパスを作成するか指定します。
  3. [+イベントを追加]をクリックして、目的のイベントを追加します。
  4. パスでフィルターし、プロパティモジュールで展開し、次をクリックします。
  • [+フィルタにイベントを追加] - 指定されたイベントを表示するパスのみを含めるように、結果を絞り込みます。
  • [+除外するイベントを追加] - 結果から指定されたイベントとプロパティ値を非表示にします。
  • [+イベントでグループ展開する] - イベントごとにグループ化し、プロパティ値を個別に表示します(これは、基本的にグループ化条件を適用するのと同じです)。
  1. [測定値]モジュールで、このチャートをユニークまたはイベント合計で測定するかどうかを指定します。
  2. [セグメント化]モジュールで、この分析に含めるユーザーを指定します
  3. チャート領域で、優先バケットをしきい値未満に設定します。このズームしきい値は、チャートでノード表示の下の境界を設定します。つまり、特定のパスを選択したユーザーの割合がしきい値以下のバケットよりも低い場合、Amplitudeはそのパスを表示しません
  4. チャートが表示されます。ノイズの多いイベントを非表示にし、特定のイベントのみを表示し、カスタムイベントを表示し、繰り返しイベントを折りたたむ場合は、[フィルターイベント]ドロップダウンをクリックて、選択を行います。

注:非アクティブイベントは、デフォルトで非表示になります。それらを表示するには、[イベントを選択して除外]をクリックして、表示させたいものを選択解除します

この手順で設定する変更は、3つのジャーニービジュアライゼーションすべてに反映されますのでご注意ください。詳細については、こちらをご覧ください

ジャーニーチャートでコンバージョンウィンドウがどのように機能するか

他のAmplitudeチャートと同様に、分析のための時間を設定する必要があります。ジャーニーチャートでは、これはコンバージョンウィンドウで行われます。

コンバージョンウィンドウは、クロック時間で測定することも、セッションで測定することもできます。ウィンドウを時計時間の単位に設定すると、チャートには、いくつのセッションを要したかに関わらず、その時間内に完了したイベントパスが含まれます。

ウィンドウを1つのセッションに設定すると、チャートには、経過時間に関係なく(チャートでカバーされる時間を超えない限り)1つのセッション内で完了したイベントパスが含まれます。

これでジャーニー分析を構築しました。その意味するところについては、ヘルプセンターの記事をご覧ください。

レガシージャーニー、パスファインダー、パスファインダーユーザーにアクセスする

このジャーニーエクスペリエンスは、パスファインダーパスファインダーユーザーチャートと、レガシージャーニー機能(旧名称「ファネル分析チャート」に含まれていました)を組み合わせて構築されました。これらのレガシー分析にアクセスすることはまだ可能です:

  • 興味のあるバーをタップし、[ユーザージャーニーを表示]を選択することで、ファネル分析から任意のレガシージャーニーチャートにアクセスします。
  • レガシーパスファインダーパスファインダーユーザーチャートは、画面の左上にあるチャートスイッチャーからアクセスできます。