リリースでプロダクトの変更を追跡する

  • 更新

Amplitudeでは、リリースはプロダクトの変更を表します。それは、新しい機能の起動、小さなバグを修正するマイナーパッチ、または実験の起動などの主要なアップデートである可能性があります。 リリースは、発生時に時系列チャートにマーカーとして表示されます。

release_line_chart.png

Amplitudeは、有料プランのすべての顧客のリリースを自動的に作成しますが、手動で作成することもできます。

リリースを作成する

自動リリース

Amplitudeは、amplitude_logo.pngVersionユーザープロパティの新しい値を継続的にリッスンします。 新しい値が検出されると、Amplitudeは翌日自動的にリリースを作成します。 新しいリリースを作成する際に、次のヒューリスティクスが適用されます:
  • リリースは、セマンティックバージョニングフォーマットに従う必要があります:major.minor.patchで、.patchはオプションです。 例えば、amplitude_logo.pngVersion = 12345は自動的にリリースを作成しませんが、amplitude_logo.pngVersion = 123.45.6は自動的にリリースを作成します。
  • 開発プロジェクト(「テスト」、「開発」、「ステージング」などの名前を含むプロジェクト)は、自動リリース生成から除外されます。
  • AmplitudeのHTTP/BatchAPIを介してイベントデータサーバーサイドを送信する場合は、app_versionユーザープロパティを使用します。

自動リリースは、バックフィルデータに対して遡及的に作成されません。

自動リリースを構成する

アドミンまたはマネージャーの場合、リリースタイムラインフレームで自動リリース検出を構成できます。 設定アイコンをクリックして、プロジェクト設定フライアウトパネルにアクセスするだけです。 ここでは、自動リリース検出と自動注釈を有効または無効にできます。

手動リリース

プロダクトがセマンティックバージョニングを使用しない場合、または有料プランのいずれかにいない場合は、リリースタイムラインから、またはチャートのマイクロスコープを介して手動でリリースを作成できます。

手動リリースを作成するには、リリースを作成をクリックして、表示されるモーダルを記入します:
create_release.png
    • リリース名:リリースの名前。 これは、チャートとリリースタイムラインビューで表示されます。
    • バージョン:プロダクト変更を定義するamplitude_logo.pngVersionユーザープロパティ。 Amplitudeはこのフィールドを使用して、リリースレポートを介して、リリースで導入された新しいイベントを表示します。 選択されたバージョンフィールドは、データの既存の値である必要があります。
    • 説明:リリースで発生したプロダクトの変更。 これは、リリースタイムラインビューで表示されます。
    • リリース日 リリースが発送された日付。
    • 終了日:リリースロールアウトの終了日。
    • プラットフォーム:このリリースが適用されるamplitude_logo.pngプラットフォーム
    • 可視性:リリースがすべてのチャートで表示されるかどうか。

リリースAPI

リリースは、リリースAPIを使用してプログラム的に作成することもできます。 これにより、リリースの作成を独自の内部展開プロセスに統合できます。

リリースを編集する

手動で作成または自動的に検出されたリリースは、編集して、リリースにコンテキストと情報を追加できます。 これを行うには、リリースタイムラインビューからリリースを開き、[編集]をクリックします。

デフォルトで、すべてのリリースは、すべてのチャートで表示されます。リリースレポートページ(このビュー)またはリリースタイムラインビューからリリースの可視性を切り替えることができます。

リリースレポート

リリースタイムラインから、リリースをクリックして、リリースレポートを表示できます。 リリースレポートは、Amplitudeによって生成されたメタデータと分析のコレクションです。
指標セクションでは、リリースに露出されたユニークユーザー数と、図が示すアクティブユーザーベースの割合を見ることができます。 アクティブユーザーの割合は、リリースのバージョンを見たユーザーの数であり、リリース定義で指定されたプラットフォーム上のユーザー数で割ったものです。
 
release_report.png
 
新しいイベントがそのリリースに含まれていた場合、Amplitudeは指標の右側のテーブルにそれらを表示します。リリースでプロダクトの変更を追跡するこの % アクティブ指標は、リリース日以降に検出された新しいイベントをトリガーしているアクティブユーザーベースの割合を表示します。
 
採用セクションには、リリース開始日以降のリリースの採用を示す時系列が表示されます。 時間の幅は、リリースの開始から30日を上限とします。
 

リリースにアイテムを追加する

分析セクションを介して、他のAmplitudeコンテンツにリンクできます。これにより、組織内の他のユーザーが、ローンチしたエクスペリエンスがどのように実行され、ユーザーに与えた影響を簡単に理解できます。

リリースを使用して、チーム全体にコンテキストと結果の両方を配布します。

リリースにアイテムを添付するには、リリースレポートのアナリティクスセクションで+ Add Itemアイテムを追加]をクリックします。

add_analyses_items.png

リリースタイムライン

リリースタイムラインは、チームが出荷したすべてのプロダクトアップデートの生活履歴として機能します。 これは、Amplitudeが自動的に作成されたリリースの年代と、チームによって手動で追加されたリリースの年代です。
 
リリースタイムラインにアクセスするには、次のステップに従ってください:
  1. 移動先 settings.png> プロジェクト
  2. 関心のあるプロジェクトを見つけてクリックします。
  3. リリースタブを開きます。
注:現在、リリースタイムライン機能は、リアルタイムで新しいバージョンのみを投入しています。履歴データをバックフィルする場合、これらのリリースは、過去に起こったように、新しいとはみなされません。バックフィルリリースは、タイムラインに手動で追加できます。