粘性分析を解釈する

  • 更新

この記事のテーマ:

  • 粘性チャートからユーザー行動についての結論を出す
  • Amplitudeがどのように粘性を計算するかを理解する
  • 粘性分析から行動コーホートを設定する

粘性は、ユーザーベース全体のエンゲージメントの詳細を掘り下げるのに役立ちます。特に、何人のユーザーが製品の使用習慣を形成したかについて探ります。

この記事では、粘性チャートの指標モジュールについて説明します。これはまた、粘性分析を解釈するのに役立ちます。

開始する前に

Amplitudeで粘性チャートを構築するの記事をまだ読んでいない場合は、必ずお読みください。

粘性チャートを解釈する

Amplitudeでは、粘性は、2つの方法の1つで測定できます:累積または非累積です。この設定は、分析中にいつでも、指標モジュールの上部で変更できます。

stickiness_cumulative_option.png

非累積粘性

非累積粘性チャートは、X軸に記載された正確な日数で、少なくとも1回イベントを発行したユーザーの割合を示します。例えば、2日間のバケットのユーザーは、分析の期間内の1週(または月)のうちで、正確に2日間でイベントを発行しましたが、3日間のバケットのユーザーは、1週間のうちで、正確に3日間でイベントを発行しています。

stickiness_2.png

この例では、過去12週間で友達を追加したユーザーの70%以上は、分析の時間枠の特定の週における1日でそうしました。約24%が正確に2日間で行いましたが、時間枠の任意の週のすべての7日間でそうだったわけではありません。

見た目には、ユーザーは、非累積粘性分析の1つのバケットにのみ表示されるように映ります。ですが、そうではありません。単一のユーザーには、分析で、各週(または月)に、異なる粘性があります。例えば、ユーザーは、1週目の1日にイベントを発行し、2週目に3回発行する場合もあります。このユーザーは、非累積粘性チャートの1日3日のバケットに含まれます。

累積粘性

累積粘性チャートは、X軸に記載された日数で少なくとも1回以上のイベントを発行したユーザーの割合を示します。例えば、2日間のバケットのユーザーは、分析の時間枠で、1週(または月)に2日以上でイベントを発行しましたが、3日間のバケットのユーザーは、1週間で3日以上でイベントを発行しました。

stickiness_cumulative.png

特定の週に1日以上に友達を追加したユーザーの割合は100%です。これは常に、累積粘性分析で同じになります。それは、分析には、実際にイベントを発行したユーザーのみが含まれるためです。定義では、選択した時間枠内で、少なくとも1日で発行されており、すべてが1日間のバケットに含まれています。

また、特定のデータポイントをクリックして、そのポイントに含まれるユーザーを検査できます。詳細は、マイクロスコープについてのヘルプセンターの記事を参照してください。

内訳データテーブル

テーブルは、各ユーザーコーホートによるデータと、より詳細な1日当たりバケットによるデータの詳しい内訳を示しています。この例では、10月17日に始まる週に、290,149人のユーザーがいました。2日間で粘性は76.8%です。つまり、290,149人のユーザーのうち222,834人がその週に2日以上でイベントを発行したことを意味します。不完全なデータがある日は、アスタリスクになります。

時間の経過に沿った粘性の変更履歴

また、...として表示のドロップダウンメニューから時間の経過に沿った変更を選択して、時間の経過に沿って、最もエンゲージメントが多かったユーザーの粘性がどのように変動するかを見ることができます。

change_over_time.png

この例では、2日、3日、5日、7日間の粘性が、各週の新規のコーホートでどのように変動したかがわかります。もっともわかりやすいのは、10月12日から10月25日までの間にあった顕著な変動です。プロダクトマネージャーは、なぜこれが起こったのかを調査したいと思うはずです。

粘性チャートからコーホートを作成する

スカラーシップ、グロース、エンタープライズのプランのユーザーは、マイクロスコープを介して、特定のデータポイントを構成するユーザーのコーホートを作成できます。

cohort_from_stickiness.png