Experimentでアプリレベルのユーザー権限を設定する

  • 更新

この記事のテーマ:

  • Amplitude Experimentのユーザー権限を、Amplitude Analyticsで使用される権限とは独立し、分けて設定する

 

Experimentアプリレベルの権限により、AmplitudeのアドミンはAmplitude Analyticsとは別に、Amplitude Experimentへのアクセスを管理できます。次のことをするときに使ってください。

  • アナリティクスチームメンバーがExperimentを通じて機能をリリースするのを防ぐ、および/または
  • プロダクト開発チームメンバーがデータタクソノミーやキーダッシュボード、Analyticsのチャートに影響を及ぼすのを防ぐとともに
  • すべてのチームメンバーが、プライマリアプリのより高い権限レベルを維持できるようにし、作業を効率的かつ効果的に行う。

Experimentでアプリレベルのユーザー権限を設定するには、次のステップに従ってください。

  1. Experimentで、左側のサイドバーの[設定]をクリックします。
  2. [名前またはEメール検索]欄に、探しているユーザー名を入力します。次に、名前の横にあるチェックボックスをクリックします。表の上のアクションが、選択できるように青になります。
  3. [プロジェクトアクセスの管理]をクリックして、権限を調整します。
  4. 選択したユーザーの現在の権限レベルを表示するドロップダウンから、更新するアクセスレベルを選択します。そして、[次へ]をクリックします。

    manage_project_access_modal.png
  5. 変更に間違えがなければ、[送信]をクリックします。

権限のマトリクス

この表は、各権限レベルが持つ、さまざまな権限について示しています。

  ビューアー メンバー マネージャー(プロジェクト) アドミン(組織)
実験とフラグ        
読む Y Y Y Y
作成   Y Y Y
編集   Y Y Y
削除   Y Y Y
         
ターゲット環境 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
アクティブ 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
バリアント 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
割り当て 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
分析 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
指標 読む 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み 読み取り/書き込み
         
環境        
読む Y Y Y Y
作成   Y Y Y
編集   Y Y Y
削除   Y Y Y
         
相互排反グループ        
読む Y Y Y Y
作成   Y Y Y
編集   Y Y Y
削除   Y Y Y
         
ユーザー        
プロジェクトにユーザーを追加する     Y Y
プロジェクトの役割を編集     Y Y
組織にユーザーを追加する       Y
組織の役割を編集       Y