Amplitudeの配列演算子

  • 更新

Amplitudeでチャートを構築するときに、どの配列演算子(is, is not, contains, does not contain, set is, set is not, set contains, set does not contain)を使用するか決定することは、特にAmplitudeを初めて使用するユーザーにとっては混乱することかもしれません。この記事に示す図は、そのプロセスを視覚的に補助し、これらの演算子のニュアンスをすばやく把握するのに役立ちます。

~と等しい/等しくない

01_-_Equals_A.png    02_-_Equals_B.png

03_-_Equals_A_and_B.png    04_-_Equals_A_or_B.png

05_-_Does_not_equal_A.png    06_-_Does_not_equal_B.png

07_-_Does_not_equal_A_or_B.png    08_-_Does_not_equal_A__and_does_not_equal_B.png

 

セットは...を含む/含まない

09_-_Set_contains_A.png     10_-_Set_contains_B.png     

11_-_Set_contains_A_and_B.png     

12_-_Set_does_not_contain_A.png     13_-_Set_does_not_contain_B.png     14_-_Set_does_not_contain_A_and_B.png    15_-_Set_does_not_contain_A__and_does_not_contain_B.png

セットは~と等しい/等しくない

16_-_Set_equals_A.png     17_-_Set_equals_B.png

18_-_Set_equals_A_and_B.png

19_-_Set_does_not_equal_A.png     20_-_Set_does_not_equal_B.png

21_-_Set_does_not_equal_A_and_B.png